➥ サイトについて ➥ プライバシーポリシー
写真:中村脩
盆栽
人と自然のアート盆栽
盆栽1
鉢の中に大自然の風景を育て上げる「盆栽(BONSAI)」。世界の共通語となり、人と自然が織りなすアートとして海外でも人気が高まっています。国内トップのシェアを占める香川の松盆栽は、姿が美しいのはもちろん「根腐れしにくく、傷まない」と定評があります。
盆栽2
その中心地域である高松市西部の鬼無町と国分寺町には、多くの盆栽園が集まっており、各地で畑に植えられた小さな松を見ることができます。これは盆栽用の苗木で、畑で育てられている風景は香川県ならではの光景です。
2015年には、盆栽の世界的な流行の発信地の一つイタリアのミラノで開催される国際博覧会に出品され、「UDON」と並び香川展示の目玉となりました。
香川のアート
「世界の宝石」とも称される瀬戸内海を背景にした、
自然と共生するアート作品の数々。

瀬戸内海も讃岐平野も美的感動にあふれる香川県。イサム・ノグチ庭園美術館やベネッセアートサイト直島など、世界が注目する美術館が点在しています。また、興味深い建築作品や野外彫刻も多くあり、自然と芸術が融合するアートを堪能できます。

ベネッセアートサイト直島
● 直島
地中美術館
瀬戸内海に浮かぶ直島は、自然とアート・建築、そして環境をリードする島として注目を集めています。2004年に設立された「地中美術館」にはクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。
現代アート1
地中美術館
写真:藤塚光政
● 豊島
豊島美術館
「豊島美術館」は、休耕田を再生した棚田の一角に、アーティスト内藤礼と建築家・西沢立衛によりつくられました。水滴のような形をした建物は、広さ40×60m、最高高さ4.5mの空間に柱が1本もないコンクリート・シェル構造。天井にある開口部から風、音、光を取り込み、自然と建物が呼応する有機的な空間となっています。
現代アート2
豊島美術館
写真:鈴木研一
高松市
● 牟礼町
イサム・ノグチ庭園美術館
20世紀を代表する彫刻家イサム・ノグチは、高松市牟礼町にアトリエと住居を構え、約20年間創作活動に励みました。150点あまりの彫刻作品や展示蔵や住居、晩年制作した彫刻庭園など、全体がひとつの大きな「地球彫刻」となっています。

もっと香川の魅力

讃岐の味をどうぞ おいしい香川県

関連リンク

このサイトは、香川県交流推進課が運営しています。
香川県高松市番町四丁目1番10号 TEL:087-832-3380
香川県交流推進部交流推進課
mailaddress 香川県